2011年03月10日

Yahoo!ビジネスエクスプレス

今回は、Yahoo!Japanビジネスセンターのサービスである、Yahoo!ビジネスエクスプレスについて詳しく検証していきます。


【Yahoo!ビジネスエクスプレスとは?】
商用サイトがYahoo!カテゴリに登録できるかを審査し、結果をメールにて返信する有料サービスです。
Yahoo!ビジネスエクスプレスの審査に通った場合は、Yahoo!カテゴリのキーワード検索で、サイトのキーワードが含まれている場合に検索結果として表示されるようになります。
Yahoo!カテゴリからご自身のサイトへのアクセスの増加や、ショッピングサイトの場合はプロモーション効果などが期待されます。


【どの程度のSEO効果はあるのか?】
昔はSEO効果についての文言もサイト上に表示されていたようですが、現在は削除されています。よって、Yahoo!のSEO対策としての効果は落ちてきているようです。


【詳しい料金について】
一般サイト:52,500円
慎重な審査が必要なサイト:157,500円


・アダルト、風俗営業、健康食品、健康用品、スキンケア、ヘアケアに関するサイト
・エステティックサロン、美容外科などの美容を目的とした施術に関するサイト
・鍼灸、整体、カイロプラクティック、マッサージなどの各種療法に関するサイト
・行政書士、司法書士などの書士業に関するサイト
・探偵などを含む、個人が対象の調査サービスに関するサイト
・出会いの提供、ギャンブルに関するサイト

これらのサイトが、慎重な審査が必要なサイトのようです。

審査に落ちた場合、通知メールから30日以内であれば、一回目のみ無償で再審査が受けられまが、二回目に落ちると再び審査料金を支払う事になります。


詳しくはこのページを見てみるとよくわかると思います。
posted by アウト・オブ・サイト at 16:46| Comment(19) | SEO対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

有料ディレクトリサービスについて

あなたのサイトをGoogleやYahoo!Japanでの検索エンジンでの検索結果において上位に表示させるためのSEO対策の一つとして、有料ディレクトリサービスへの登録という手段があげられます。
以下に主な有料ディレクトリサービスをまとめてみます。

・Yahoo!ビジネスエクプレス
有力なディレクトリサービスの一つであるYahoo!カテゴリに登録するサービスです。非商用サイトは無料となっています。以前に比べてSEO効果は落ちてきているようです。

・クロスレコメンド
 国内有数の検索クエリー数を誇る、プロバーダー系サイトのBIGLOBEやニフティ、また、ポータルサイトのexciteやgooなどのディレクトリサービスに登録するサービスです。こちらは携帯版もクロスレコメンドモバイルというサービスもあり、携帯方面でのSEO対策にも強いサービスとなっています。

・BPNディレクトリ
 東洋経済オンラインや時事通信、CNN.co.jpなどの、大手メディア系サイトで使用されているディレクトリ型検索エンジンに登録されるサービスです。

・iディレクトリ
 オンライン広告.netや会計ねっと、旅WEBなどの多様なサイトに導入されているディレクトリサービスに登録するサービスです。登録と同時に提携サイトからリンクされることになります。

・Jエントリー
 ライブドアやフレッシュアイなどの国内有数のポータルサイトや、TBSなどのサイトで使用されているディレクトリ型検索エンジンに登録されるサービスです。

・SEOタウン
地域情報を提供するポータルサイト「e-まちタウン」のディレクトリサービスです。審査の後316の地域ごとのサイトから被リンクを得る事が出来ます。


これらの有料サービスそれぞれ個別に登録するのは面倒なものです。これらのサービスに一括して登録を代行してくれるサービスにFerretディレクトリ申請代行サービスがあります。代行手数料0円、審査落ちの場合全額返金保証で、代行サービスを行っています。
posted by アウト・オブ・サイト at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。